買っちゃお.com

韓国語

字幕なし吹き替えなしで韓流ドラマを楽しみましょう!
>


元サムスン技術通訳だから知っている韓国語脳のしくみを大公開

韓国語能力試験

実力を試してみたり目標を持ったりするために検定試験を受けてみることはとても有効でおすすめです。実際に受けたことがあるという人もたくさんいますね。

検定試験の中でも「韓国語能力試験(TOPIK)」は日本では最も有名です。

初級試験…「1級」と「2級」。

中級試験…「3級」と「4級」。

高級試験…「5級」と「6級」。

という感じで分類されています。公式ホームページによると、試験領域は「語彙・文法」、「書く」、「聞く」、「読む」となっています。

全領域の合計点が及第点に達していても、各領域の1つでも落第点を取ってしまうと不合格になってしまういます。偏りなく学習を進めていく必要がありそうですね。


ハングル脳がみるみる目覚める

韓国語 単語

発音や文法の勉強と同時進行で学習しなければならないのが単語ですね。単語は一つ一つ根気強く覚えるしかありません。

ただし英語などより覚えやすいと感じる人が実はとても多いです。日本語と発音がよく似ている単語がたくさんあるからですね。完全に同じではないのですがパッチムを無理やり発音してみたりしたら日本語の発音に近くなる単語が非常に多く見つかるのです。特定の文字が特定の発音になることも多いです。

分からない単語はすぐに辞書で調べるのが基本ですが、調べる前に何度も発音してみてから何となく勘で意味を想像してください。意外と想像通りだったりして驚きますよ。

>>パク・ナヨンの速習プログラム


スポンサードリンク
  
SEO対策テンプレート