買っちゃお.com

空手

自分なりの“武”を極めましょう!
>


空手グッズの通販サイト CHAMP ONLINE-ビデオ、本、Tシャツなど豊富な品揃え

空手 流派

空手には多数の流派があって一日や二日では語り尽くせない世界です。ちょっとやそっとでは詳しく知ることはできません。

流派によってそれぞれ試合のルールも根本的に全く違います。流派が違うもの同士の試合は成立しないと言っても過言ではありません。

まず、大きく分けると「伝統派」と「フルコンタクト」の二つに分類できます。

伝統派というのは一般的に「寸止め」ルールを採用していて突きや蹴りを直接相手に当てることなく試合をすることが多いとされています。

フルコンタクトというのは寸止めではなく、突きや蹴りを直接相手に当てて試合をするという特徴があります。「極真空手」が最も有名と言って良いでしょう。

直接打撃は実はずっと昔からあったので、こういう分類の仕方も厳密に言うと少し違和感があるのですが、分かりやすくするためにあえてこのように分類することが多いのです。


空手・最速上達法

空手 最強

「格闘技や武道の中でどれが一番強いのか」という議論は大いに盛り上がります。ただし、この議論はいつも不毛に終わります。誰も納得のいく答えを出すことができません。そもそも「最強」とは何なのかがあいまい過ぎるのですから仕方ありません。

ルールなしの殺し合いなら結局「運が良い人」が最強でしょう。どんなに屈強な男でも所詮、スナイパーに命を狙われたらひとたまりもありません。もっと極論を言ってしまうと、核爆弾にやられたらどんなに強い生物でもオシマイなのです。突き詰めて考えれば考えるほど「最強」というものが何なのか分からなくなります。

ルールなしの何でもありで「最強」を決めるのは難しい。かと言ってルールありの「最強」というものが本当に最強なのかと考えると、どうも納得できません。

要するに「最強」を求めて空手をやるのはやめておきましょう、ということが言いたいわけです。それをするといつか必ず道に迷います。迷う事もまた武道の醍醐味ではありますが時間は有限です。

「己を高める」とか「魂を清める」とか「押して忍ぶ強さを得る」など。そういったものを求めて武の道を歩むことを強くおすすめします。


橋本真也から受け継がれる破壊伝説
  
SEO対策テンプレート